英語が好きになる無料勉強術

どうしたら英語が好きになる?

2008/06/20(Fri) 13:28
先の記事「アメリカで日本語教師をしている友人の話」で私と私の友人は同じ大学、同じ学部だったと書きました。

私は英語のまったく話せない平凡な日本人になってしまいましたが、私の友人はアメリカで仕事をしているくらいですから、もちろん英語はペラペラです。

なぜ、こうも差がついてしまったのでしょうか?

理由は明白です。
私は英語が嫌いでしたが、私の友人は英語を勉強することが好きで、コツコツと勉強したからです。
いえ、彼女にとっては勉強しているという感覚すらなかったのかもしれません。
だって「好きなことをしている」のですから。

英語上達の必要最低限の条件は英語が好きなことです。

人は嫌いなことを無理しても長く続けることはできません。
走れば痩せるとわかっていても、嫌いだから走ることは続きません。
だから安易にダイエット本を買ってきては、それも失敗に終わってしまいます。
自分で書いてて耳が痛いことですが・・・(;^_^A

では英語を好きになるにはどうしたらいいのでしょうか?

アメリカで日本語教師をしている友人の話

2008/06/18(Wed) 18:24
私の友人でアメリカで日本語教師をしている女性がいます。
彼女は同じ大学の同じ学部です。英文科ではありません。
学生の頃はさして気にしていませんでしたが、先日ふと疑問に思い彼女に聞いてみました。
「彼女はどうして英語を好きになったのか?」です。

彼女は中学時代までは英語が得意なわけではありませんでした。
ある日、テレビで英語を話す日本人が主人公のドラマをやっていたそうです。
その主人公が彼女の目には、とても格好よく映ったらしく、
英語を勉強してみようかな?と思い立ったらしいです。
きっかけがそんな些細なことだとは思いませんでした。

好きこそものの上手なれと言いますが、受験勉強で仕方なく勉強している人と違い、彼女の英語の成績は自分でも自信がもてるくらいのレベルになったようです。

そんなある日、彼女の高校に帰国子女がやってきました。
彼女のネイティブな英語を聞いた私の友人は、そこで初めて英語は「語学」ではなく「言葉」なんだということに気付いたそうです。
それと同時に帰国子女の子に比べて、自分の英語力に劣等感を感じたそうです。

それから彼女はECC(英会話学校)に通い、英会話を身に付けていったそうです。
それでも大学の入試に英文科に入れるほどには間に合わなかった彼女ですが、大学に入ってからも私がどんなに遊びに誘っても英会話学校にだけはきちんと通っていました。

入社した会社も一般の会社ですが、英語圏で暮らすという夢を捨てられず、彼女はアメリカに留学し現在に至ります。
Presented by GALPOP BOLG. + GALPOP NET. / Powered by DTI Services, Inc.